義肢装具士とは
仕事
義肢や装具等を医師や理学療法士等と協力し、ひとりひとりの体にあわせて製作し、さらに適合・装着させるのが、「義肢装具士」の仕事です。 義肢装具士は、医師により処方された義肢や装具等の採型・採寸ならびに装着・適合を行う国家資格を持った医療専門職です。
役割
人の体はたいへん複雑にできており、さまざまな個人差があります。義肢や装具等の製作・適合には、幅広い分野からの専門知識と高度な技術が要求されており、 厚生労働大臣からの免許を受けた義肢装具士は、医師の処方に基づき装着部分を正確に採型・採寸し、製作に取りかかります。必要 に応じて仮合わせを行い、利用される方の自立した生活をサポートする重要な役割を担っています。
関連団体
公益財団法人テクノエイド協会
公益社団法人日本義肢装具士協会
一般社団法人日本義肢装具学会
一般社団法人日本車椅子シーティング協会
現在10校

一般社団法人日本義肢協会
Copyright © Japan Orthotics Prosthetics Association. All Rights Reserved.